政府の緊急事態宣言に伴う臨時休館のお知らせ

 平素より空手道禅道会東京支部(小金井道場、六本木道場、大久保道場、小平道場)をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
 緊急事態宣言による都の休業要請により禅道会東京支部では会員様、スタッフの健康や安全を第一に考え、国の考えに賛同する形で、全道場休止することに決断いたしました

 一日も早く収束し世界中の人々が元の平和な生活に戻れる事を心よりお祈りいたします。
■対象期間:3月31日(月)~5月6日(木) ★7日以降の営業については、確定次第、随時ご案内いたします
 ※自粛期間の延長により5月31日までとなりました。
■臨時休中の会費について 臨時休館中の会費につきましては次月引き落とし分で調整させて頂きます。
日頃よりお世話になっております会員様には大変ご迷惑をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げます。

  • ココロを整える
  • ワザを磨く
  • カラダを鍛える

禅道会の少年空手は

禅道会とは、1999年に設立。

従来の空手にある突き蹴りの打撃技だけでなく、投げ技や関節技、絞め技もあるMMAにも対応できる総合武道としての空手(RF空手)、武道教育による青少年育成をテーマに発足いたしました。

発足後は全国に急激に支部道場数、会員数も増え、毎年行われている全日本ジュニアRF武道空手道選手権大会では600人を超すキッズ達が、安全な防具を付けレベルに応じたルールで競い合い交流を図っています。

稽古では、礼法、黙想、基本稽古、移動稽古という自分自身を振り返る稽古法を大きな声で気合を出し行うことで集中力を高め、ミットや打ち込みマススパーリング、相撲などの対人稽古で体力を養い他人とのコミュニケーション能力を高めることにより自他共栄の和の心を身に付ける。

さらに審査会や大会に挑戦し、また稽古にフィードバックする中で帯の色が上がるのと同時に人間性を高める日本古来の武道教育に乗っ取って厳しくそして楽しく行っています。

おすすめ情報