組技はスキンシップ

IMG_8121武道空手少年クラブがおこなっている禅道会空手という流派は、投げ技と寝技もあります。

空手というと引き手を取って正拳突きというイメージがある人から見ると不思議な光景かもしれませんね。

人間とはそれぞれの認知がありますから、やっている私たちからすると当てないでポイントを取り合うとか、顔面に対する手技がないとか、投げ技だけとか、寝技だけという競技の方が不自然なんじゃないかなと思うのですが、鶏が生まれた時に見たものを”親”と認知してしまうように、一度付いてしまった認知はなかなか離れるものではないですからそれはそれで仕方ないことかもしれません。

しかしこの組技と打撃技が合わさっているということが、子供達に対する教育上優れたものでして、そして何より実戦的なんです。

子供達にはよく

「例えば君達が大人になってコンビニから強盗が逃げて来たのを見たとするでしょう?突きと蹴りでやっつけたら逆に暴力として訴えられてしまうでしょう?また走って逃げられたら意味がなくなっちゃうじゃん?相手の攻撃をかわして捕まえて投げて押さえ込んで警察が来るまで待ってなきゃいけないでしょ。」

「また道端でもし変な人に抱きつかれて押し倒されたりしたら、突きや蹴りは使えなくなるでしょ?でもそこから逃げられる体力と技術がなきゃ意味が無くなってしまうでしょ?」

と、組技の重要性を説いてあげるとみんな納得します。

じゃあ柔道や柔術をやっていれば良いのか?ということにはならなくて、突き蹴りなどの打撃技を練習していなくては、相手の攻撃を避けるどころか、怖がってしまって使える技も使えなくなってしまいます。(もちろんそんな危険な場面に合わない、走って逃げるということが護身の大前提ではありますが、、、)

さて話を戻しますと、教育上にも大変優れているという点

子供ってスキンシップが大好きじゃないですか?

人と触れ合うと、オキシトンという幸せホルモンが分泌されるというのはみなさん聞いたことがあると思います。

幼少期には絶対的に幸せな経験というのが必要なんです。

IMG_8119

昨今は叩かれない教育で育っているこどもが多いですから、痛みに対しての免疫力が無い、脳の扁桃体という部分がとても敏感なんですね、だから突き蹴りだけの組手は苦手な子は沢山います。

しかし投げ技や寝技の組手を嫌がる子はひとりもいません、みんな必ず楽しそうにやっています。

よく剛と柔という言葉に例えられますが、この二つをバランスよく伸ばしてあげることが、その子供の人格形成上とても大切なことなのだと思います。

時には厳しく、時には楽しく、、、、、

武道を通じて、勇気と優しさを兼ね備えた大人に成長してもらいたいものです。

 

総合格闘技 空手道禅道会 武道空手少年クラブ小平市鷹の台教室では、新規会員を募集しています。小平市、国分寺市、立川市にお住まいの3才から中学生までが対象です。元気な子供にはしつけ、礼儀作法、大人しい子供には大きな声で元気の良い挨拶、運動能力改善、いじめないいじめられない護身術、投げ技、関節技も学べる総合武道の空手です。元気で優しい空手キッズが新しい仲間の参加をお待ちしております。
ご見学、無料体験はいつでも参加できます。

お問い合わせはこちらまで

042-380-4367

info@zendokai-tokyo.com
 西川