基本を教えるタイミング、体験知

2018.5.8 武道空手少年クラブ小平市鷹の台教室

昨日の武道空手少年クラブ小平市鷹の台教室は、小平市総合体育館第5体育室。

ここは鏡があるので、それをみんなで見ながらみんなで基本稽古を丁寧にやってみました。

”この技はこういう意味があるんだよ”

みんな興味津々でこちらを見るんですね、きっと今まで疑問だったことがたくさんあったのでしょう。

基本の技というのは最初見よう見まねでやらせます。

それである程度できるようになってから、種明かしをしてきちんと教えると腑に落ちて技のキレが増してきます。

いただきます、やごちそうさまなどの挨拶の意味を最初から教えないですよね?

真似をさせて、ある程度体に染み込ませてから知る

理よりも先に体、これは物事を学習するのにとても大切だと思います。

現代はなんでも検索できる時代、ついつい頭でっかちになって行動力が伴わない人が増えています。

こんな時代だからこそまず”体験知”で覚え、”学習知”を加えることの大切さを伝えて行きたいです。

 

総合格闘技 空手道禅道会 武道空手少年クラブ小平市鷹の台教室では、新規会員を募集しています。小平市、国分寺市、立川市にお住まいの3才から中学生までが対象です。元気な子供にはしつけ、礼儀作法、大人しい子供には大きな声で元気の良い挨拶、運動能力改善、いじめないいじめられない護身術、投げ技、関節技も学べる総合武道の空手です。元気で優しい空手キッズが新しい仲間の参加をお待ちしております。
ご見学、無料体験はいつでも参加できます。

メールでのお問い合わせは

こちらをクリック→メールフォーム
電話番号 042-380-4367 西川まで